忍者ブログ

スマ・ブ・ラ三次創作場。オリジなうキャラクターの話し。たまに二次で、サムピトかFF6でティナ受けを描こうと思っています!

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Candy Kiss
ネグフル
キスばっか((
ただの甘々です(((

い、一応R15にしようかな、恥ずかしい
コロコロと口の中を転がる甘い桃の飴玉。
店を出る前にヴァイニージャから小さな袋をもらい、中身がさまざまな果物の味の飴玉だったのだ。

「疲れてるときに食べるとぉ、美味しいですぅ!」

たしかにそうだ。ほんのりの甘みが彼女の疲れをとかしてくれるようにも思えた。

「ん?何食べてるんだ?」

ほのかに香る甘い香りがネグロの鼻をくすぐったのだろう。

「飴ですよ。ヴァイニージャからもらったんです」
「ふーん・・・?」
「あ、ネグロさんもひとついかがですか?」

ネグロは少し考えてから静かに頷いた。

「何の味にしますか?苺と、レモンと・・・」
「お前」
「へ?」

フルータが振り向いた瞬間、彼女の唇はネグロの唇によって奪われた。舌が入れられ絡めてくる。

「んっ・・・ふっ・・・ぅ・・・」
「ん・・・ん・・・」

桃味の飴玉が二人のキスでとけ口内に充満する。フルータの体から力が抜けていき彼にしがみついていなければ倒れそうだった。ネグロも彼女の頭を押さえ腰を支えた。
コロンっとフルータの口から飴玉が離れた。ネグロの口の中にうつったのだ。

「・・・ふむ、悪くないな・・・」
「はぁ・・・はぁ・・・」

ネグロは堪能したのか嬉しそうだ。フルータは、涙で潤んでいる目でネグロをにらみつけた。

「い、いきなりは反則です!」
「良いだろう?別に・・・」
「そ、それに、飴っっ・・・」

恥ずかしさでフルータの顔が真っ赤なのを見ると、ネグロは意地悪心がムラムラと湧き上がるのを感じた。反応がかわいいのだ。初々しく今まで付き合った女たちとは違った。

「返してほしいなら俺と同じ事をすればいい」
「なっ!?」
「できるだろ?早くしないとなくなるぞ?」

フルータは唖然とした顔でネグロを見た。

(この人、絶対楽しんでる!)

フルータはそう思ったが、このままやらあいのも癪だ。決断は早かった。彼女はネグロに近づき爪先で立ち彼の唇にキスをした。最初は、かるく押し当てるだけだったが自分からゆっくり舌を入れ彼のと絡めた。飴玉をとろうと舌を動かすもネグロもとられないように巧みに舌を動かす。

「ん・・・んんっ・・・」
「ん・・・」

やと飴玉を奪い返した時はもう小さくなっていた。そしてフルータもかなり疲れていた。

「もう・・・」
「・・・フルータ」
「え?ちょっ・・またっ・・・んんんっ」

こうして飴玉がなくなるまで二人は口づけを交わしていた。













「また・・・しような?」
「し、しません!絶対しません!!」
(可愛い奴)




FIN

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 
この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/23 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
♥ヴェル♥
性別:
女性
職業:
大学卒業間近
自己紹介:
一応腐ってます
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター
カウンター
Copyright ©  -- 幸せを運ぶカフェ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ