忍者ブログ

スマ・ブ・ラ三次創作場。オリジなうキャラクターの話し。たまに二次で、サムピトかFF6でティナ受けを描こうと思っています!

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気に食わないやつ
チト⇒パンでチトパン
R-15くらいで・・・
少し流血

GDGDでさーせん
「疲れた・・・」
重い体を引きずりながらパンタローネは自分の部屋に戻るのだ。
億ションの最上階が彼女の家だ。
「・・・はぁ・・・」
今日八編だったギャンブル後相手から情報を聞き出すために体を使った。
抱かれはしなかったものの、男嫌いの彼女にとっては精神的苦痛だった。
まぁ、そのあと止めは刺したのだが。
「安い香水を使ってる・・・ふん・・・」
ドアの前に立ちカードキーでドアを開けようとして手を止めた。
(誰かいる)
ぴっと音がしドアを開く。リビングはシンっとしている。大きな窓からライトアップされた町が見える。
そして、自室のドアが開いてるのに気が付いた。
スカートの裏に仕込んであるナイフをゆっくり引き抜きそっとドアのそばまで向かった。
そっと覗ききこみ、ため息をついた。部屋に仕掛けた罠朝どうしたのだろう、あちらこちらにナイフや矢が刺さっていた。
「また貴様か」
「やぁ、パンタローネお帰り」
体中に刺さったナイフを平気で抜いている男がいる。

死神・・・チトニア

彼はそう言っていたとパンタローネは思い出した。
まぁ、人間だったら死んでいるだろう。

「遅かったね」
「いつ帰ろうと貴様には関係ないだろう」

パンタローネは、せw向けバスルームへ向かおうとしたが、いきなり腕をつかまれ後方へと引っ張られた。

「貴様!!何を・・・」
「誰といた?」

低い怒りのこもった声が耳元で聞こえた。
まずい・・・これは本気で怒っている。

「パンタローネ?」
「・・・ターゲットの男だ、だが貴様には関係ない」
「いや、関係あるね。」
いきなり担がれパンタローネは驚いた。
力強い腕が彼女を落とさないようにしっかりとつかんでいる
「貴様!!離せ!!」
パンタローネは、暴れるがチトニアは絶対離そうとしない、
それどころかますます力を込める。
向かう先は、バスルームだ。
ドアを開け、シャワールームへ向かいそこにパンタローネを半分乱暴に下した。
「いたっ・・・」
「・・・」
彼は黙ってシャワーの水を出す。
冷たい水がパンタローネをドレスごと濡らす。
「・・・・いけない子だね、パンタローネ」
塗れるのにもかかわらず彼はパンタローネに近づき肩を強くつかんだ。
「ぅっ!」
「俺以外の男に触れちゃいけないだろう?」
がぶっとかぶりつく音が聞こえパンタローネの肩に痛みが走る
「うあぁっ・・・・」
「いけない子にはお仕置きだ」
口から滴る鮮血を味わうチトニアに背筋が凍った。
「いやだっ・・離せっ・・・」
「だめだ」
シャワーの水で流れていく血を舐めとる
「っ・・・・」
「その安っぽいにおい・・・俺のにおいでいっぱいにさせてやる」










「・・・ぅ・・・」
パンタローネは、ゆっくりと体を起こす。縄で縛られた手首を見て夢じゃないと思うと
疲れが増した。隣では規則正しい寝息が聞こえふと見る
(今頭を狙えば)
殺せるのに・・・
「・・・ふん・・・」
シーツをまといまたベッドの中にもぐりこんだ。
「いつか殺す」

そのいつかは来ないような気もするが・・・




FIN

拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 
この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[01/23 NONAME]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
♥ヴェル♥
性別:
女性
職業:
大学卒業間近
自己紹介:
一応腐ってます
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター
カウンター
Copyright ©  -- 幸せを運ぶカフェ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ